logo

キーワード:「イベント」

menu
今年も奥日田ロゲイニング始まります

今年も奥日田ロゲイニング始まります

奥日田の登山シーズン開幕 昨年より釈迦岳〜御前岳の周回ルートを舞台にしてはじまった「奥日田ロゲイニング」が今シーズンも始まります。ロゲイニングとは事前に決められたポイントを地図やコンパスを頼りにチェックしていきポイントやタイムを競うものですが、奥日田のロゲイニングは登山アプリのYAMAPを使用して専用マップに登録されたポイントを巡りながら、釈迦岳・御前岳の自然を楽しんでトレッキングしてもらうプログラムです。 全部で15箇所に設定されたポイントのうち13箇所を回るとゲットできる特性のピンバッジを今シーズンも用意しています。昨年は多くの登山者やハイカーにプログラム参加いただき、限定ピンバッジが3ヶ月でなくなってしまうほどの盛況ぶりでした。今シーズンもぜひ多くの皆さんにこのエリアの登山を楽しんでほしい!ということで補充も完了、気分も新たに今年の奥日田と釈迦連峰の自然を堪能してもらいたいところです。 ロゲイニングルートではシオジ原生林をはじめ様々な植物や花も楽しめます イエローは臨時のバス移動が可能な区間、グリーンは下山時安心な舗装路。このルートでも13箇所クリアです この日は山開きの特別編 奥日田ロゲイニングはシーズンを通して各自で楽しめますが、この日は津江山系・釈迦連峰の山開き。例年はフードコートやステージイベントで盛り上がりますが、今年は感染症対策としてこれらを中止し安全祈願の神事のみ関係者にて行われることに。しかし、せっかくの山開きですから今シーズンの奥日田ロゲイニングはこの日から始めようということになりました。 5月16日は山開きバージョンの特別編ということで、会場内に受付ブースを設置します。YAMAPアプリのダウンロードや参加エントリーは事前に行っていただき、当日の会場では感染症対策の一環として検温や氏名・連絡先などを記入いただきます。 会場での受付は午前8時から10時までとなり、こちらで受付をすませた方が「山開き特別編」の参加者ということになります。先着100名を目安に地元の食材を使ったふるまいなども企画されていますので、早めに受付を済ませるのがおすすめです。 当日は午後4時までに受付ブースへ戻ってきてもらい、YAMAPアプリの軌跡を確認できた参加者の方へは特製のピンバッジをその場でお渡しします。安全な山行のためにも日没前に余裕を持って下山できるよう早めの行動を心がけてください。 また、山開き当日は臨時駐車場も開設されますので、車でお越しの方は係員の誘導に従って駐車してください。 麓の集落からつづく祈りの道やかつての修験者が立ち寄った岩屋など見どころも キャンプ&登山もおすすめ 山開き特別編ではスタート地点より御前岳登山口まで臨時バスを走らせます。こちらも受付順になりますが、体力に少し自信がないかな?4時までに下山できるかな?と心配な方はこちらの利用(無料)も可能です。バスの発着所は当日の受付時におたずねください。 今回のルート総延長は11.5kmほどになりますが、体力に自信のある方はぜひ全行程を踏破していただきたいところ。また、近隣にはスノーピーク奥日田キャンプフィールド(有料)もありますので、キャンプと一緒に登山も楽しみたい!という欲張りも可能です。ただし、こちらは人気のキャンプ場ですので早めの予約をおすすめします。 今回の特別編では安全のためにYAMAPのみまもり機能が活用されます。安全な山行のためにこちらから事前登録をお願いします。今回のロゲイニングはエリアが広い山域となるため、行動中の位置情報を運営スタッフが常時確認、安心してアウトドアを楽しんでいただけるようにします。 さあ、まずはYAMAPアプリ(iPhone / Android)をダウンロードして今シーズンも奥日田の自然を存分に堪能してくださいね! 悪天候の場合は山開きの開催状況に準じて中止となります。中止の際はこのページでもお伝えしますので情報を確認ください。

第54回 津江山系釈迦連峰山開き

第54回 津江山系釈迦連峰山開き

今年も安全で楽しい登山シーズンの幕開けです 2021年、5月16日(日)に『津江山系釈迦連峰山開き』が行われます。今回で54回目となる山開きですが、今年は『第5回「山の日」記念全国大会』のホストを大分県が務める年でもあります。 年々人気が高まるアウトドアアクティビティとして、釈迦岳・御前岳・渡神岳の津江三山を中心に奥日田エリアを訪れる登山客も増えている昨今、暖かな春の一日を山の恵みと安全に思いを馳せながらすごしてみませんか?   4月末時点でのタイムスケジュールは以下のとおり。 9:30 特設会場開場 10:00 神事 式典開始   (本年度の山開きは感染症対策のため神事以外のステージイベント等は行われません。安全祈願の神事は関係者のみ参加にて行われます)   山開き会場は「スノーピーク奥日田キャンプフィールド」横の特設会場となり、当日は臨時駐車場も用意されますのでお車での来場も可能です。 今年は恒例のステージイベントやフードコート設置などは行われませんが、山開き特設会場内の広場を開放します。特設会場からは津江山系の絶景が堪能できますので、お弁当など用意して家族や友人とピクニックに訪れるのがおすすめです。近隣にはスノーピーク奥日田キャンプフィールドもありますので、施設内の直営ショップでお気に入りのキャンプ道具を物色!なんてことも楽しめます。 今年の山開きはイベントとしては神事のみとなりましたが、当日は併催イベントとして『奥日田ロゲイニング』が行われます。今回のロゲイニングは、登山アプリYAMAPを使って事前にルートマップをダウンロードし、マップに表示される見どころポイントをめぐるというもの。写真はロゲイニングのポイントを踏破した参加者へ下山後に配布予定の記念ピンバッジです。 ロゲイニングイベントの受付時間は5月16日の午前8時から10時まで。山開き会場内のロゲイニング受付テントにて受付手続きをしてからスタートとなります。こちらに参加の場合は最長で12km程度の周回登山コースとなりますので、しっかりと登山の準備をお願いします。 今年はお弁当を持ってのお手軽ピクニックと、しっかり準備して参加する本格的登山の二本立てとなる「津江山系・釈迦連峰山開き」。山に登る人も登らない人も、それぞれのスタイルで新鮮な空気と眼下に広がる絶景を堪能されてみてはいかがでしょうか?