logo

第54回 津江山系釈迦連峰山開き

menu

今年も安全で楽しい登山シーズンの幕開けです

第54回 津江山系釈迦連峰山開き

2021年、5月16日(日)に『津江山系釈迦連峰山開き』が行われます。今回で54回目となる山開きですが、今年は『第5回「山の日」記念全国大会』のホストを大分県が務める年でもあります。
年々人気が高まるアウトドアアクティビティとして、釈迦岳・御前岳・渡神岳の津江三山を中心に奥日田エリアを訪れる登山客も増えている昨今、暖かな春の一日を山の恵みと安全に思いを馳せながらすごしてみませんか?

 

4月末時点でのタイムスケジュールは以下のとおり。
9:30 特設会場開場
10:00 神事 式典開始
  (本年度の山開きは感染症対策のため神事以外のステージイベント等は行われません。安全祈願の神事は関係者のみ参加にて行われます

 

山開き会場は「スノーピーク奥日田キャンプフィールド」横の特設会場となり、当日は臨時駐車場も用意されますのでお車での来場も可能です。
今年は恒例のステージイベントやフードコート設置などは行われませんが、山開き特設会場内の広場を開放します。特設会場からは津江山系の絶景が堪能できますので、お弁当など用意して家族や友人とピクニックに訪れるのがおすすめです。近隣にはスノーピーク奥日田キャンプフィールドもありますので、施設内の直営ショップでお気に入りのキャンプ道具を物色!なんてことも楽しめます。

釈迦岳をモチーフにした記念バッジ

今年の山開きはイベントとしては神事のみとなりましたが、当日は併催イベントとして『奥日田ロゲイニング』が行われます。今回のロゲイニングは、登山アプリYAMAPを使って事前にルートマップをダウンロードし、マップに表示される見どころポイントをめぐるというもの。写真はロゲイニングのポイントを踏破した参加者へ下山後に配布予定の記念ピンバッジです。
ロゲイニングイベントの受付時間は5月16日の午前8時から10時まで。山開き会場内のロゲイニング受付テントにて受付手続きをしてからスタートとなります。こちらに参加の場合は最長で12km程度の周回登山コースとなりますので、しっかりと登山の準備をお願いします。

第54回 津江山系釈迦連峰山開き

今年はお弁当を持ってのお手軽ピクニックと、しっかり準備して参加する本格的登山の二本立てとなる「津江山系・釈迦連峰山開き」。山に登る人も登らない人も、それぞれのスタイルで新鮮な空気と眼下に広がる絶景を堪能されてみてはいかがでしょうか?

第54回 津江山系釈迦連峰山開き 特設会場

開催日時:2021年5月16日(日) 開場/午前9時30分 開始/午前10時
開催場所:大分県日田市前津江町大野64-1(スノーピーク奥日田キャンプフィールド横 特設会場)
お問い合わせ:0973-53-2111(前津江振興局内 山祭会議事務局)
日田ICからの距離:24.4km 車45分(当日はイベント専用現地駐車場有り)

おすすめ記事