logo

梅野川キャッチ&リリース区間 紹介記事 その③

menu

その2からの続き記事です。前回の記事はコチラ

いよいよシリーズもその③です。前回記事では下の画像MAP NO.7,9を紹介しました。引き続き、今回も写真を見ながら入りやすい入渓ポイントのご紹介と、一部禁漁区のご案内です。まずは下の画像から。左側地図の赤文字NOに沿って記事を進めていきます。画像をクリックするとポップアップで拡大画像が表示されますので開いておいて記事と照らし合わせてください。

ここでポイント紹介の前に注意点を。梅野川C&R区間を含め、各河川で釣りを楽しむには漁業共同組合が発行する「遊漁証(遊漁券)」が必要です。釣りの対象となる魚種によってかかる費用も変わってきますので、事前に調べておくことをおすすめします。早朝、販売店が営業開始前など、やむを得ない場合を除き、遊漁証の当日発行(いわゆる現場売り)は、基本的に行なっておりませんので、あらかじめ販売店にもお問い合わせいただけるとスムーズです。

※遊漁規則、遊漁証について(外部リンク)

遊漁証販売店

末久商店 大分県日田郡中津江村栃原 0973-54-3026

鯛生金山 大分県日田郡中津江村鯛生 0973-56-5316

せせらぎ郷かみつえ 大分県日田市上津江町川原 0973-54-3514

川村商店 〒大分県日田市上津江町川原 0973-55-2170

松尾釣具店 大分県日田市亀川町 0973-22-3968

大倉釣具店 大分県日田市竹田新町 0973-22-5691

禁漁区

前回記事でご紹介しましたMAP9のポイントの少し上、MAPのちょうど中央あたりは堰堤から下流に向かって30mエリアが禁漁区となっています。通りからは下の写真の看板が立っていますのでご注意を。釣り上がる際は一旦脱渓してから次にご紹介するMAP10のポイントより再入渓をお願いします。

入渓ポイント…MAP10

次のポイントは三角のコンクリート舗装が目印。下の写真の地点より奥へと進んでいきます。似たような風景で写真だと区別しづらいところがありますが、それぞれに看板が立っており、現在地を示してあるので都度ご確認ください。
…それでは次の記事で一旦シリーズ最終となります。
【梅野川C&R(キャッチ&リリース)区間 紹介記事 その④】近日公開予定です。

梅野川C&R区間 ※疑似餌専用釣り場(フライ、テンカラ、ルアー)

※シングルフック、バーブレス厳守など、通常の遊漁規則に加え、キャッチアンドリリース区間専用の規則を設けています。ルールを確認の上、遊漁をお楽しみください。また、環境・フィールド保全の為、マナー、モラルを守ってお楽しみください。
お問い合わせ先:津江漁業協同組合(岩下産業:0973-54-3111)

おすすめ記事