logo

第52回 津江山系釈迦連峰山開き

menu

登山シーズン到来!を告げる令和元年の山開き

第52回 津江山系釈迦連峰山開き

令和元年となる2019年、5月12日(日)に『津江山系釈迦連峰山開き』が行われます。今回で52回目を数える山開きは毎年この時期に開催されており、九州の登山シーズンもいよいよこれから!という合図のようなものとしてハイカーの皆さんに親しまれてきました。 さて、今年の山開きは昨年に引き続き釈迦岳の麓に広がるスノーピーク奥日田キャンプフィールドでの開催。キャンプフィールド内の『椿ドームとその周辺』で行われます。当日は山開き会場へ直通のゲートを用意していますので、お越しの皆さんは案内に従って専用ゲートで会場入りしてくださいね。

今年のタイムスケジュールは以下のとおり。
9:30 受 付
10:00 オープニング(藤蔭高等学校吹奏楽部 演奏)
10:05 式 典
10:20 餅まき
10:45 藤蔭高等学校吹奏楽部 演奏
11:30 Pistol Packin' MAMA(ピストル・パッキン・ママ)演奏
13:00 綱引き大会!
13:30 空は金色 演奏
14:15 Stale fish(ステールフィッシュ)演奏
15:00 抽選発表!(上位当選抽選会)
第52回 津江山系釈迦連峰山開き

会場では地元・日田の美味しいものを集めた飲食ブースが軒を連ね、訪れるみなさんの胃袋を満たします。名物・日田焼きそばはもちろんのこと、巷で話題のジビエ料理や地鶏料理、お菓子に美味しいコーヒーまでよりどりみどり。雑貨が並ぶブースや天ヶ瀬温泉からデリバリーされてくる足湯コーナーがあったりと、退屈しない空間になっていること間違いなし。毎回ここでしかお目にかかれない特別なフードメニューもあったりしますから、それを探してみるのもまた一興。人気メニューは品切れも予想されますから、食いしん坊の皆さんは9時半の開場時間に腹ペコでスタンバイしておくことをオススメします。

第52回 津江山系釈迦連峰山開き

会場を彩るのはフードメニューのみにあらず。イベントも盛りだくさんで皆さんをお迎えします。トップバッターとしてオープニングを飾るのはお馴染み、藤蔭高等学校吹奏楽部の息のあったステージ。彼らのステージを見るためにわざわざイベントを訪れる方がいるほどのステージをぜひ体験してください。他にもバンドによるライブや皆で参加できる綱引き大会など内容は盛りだくさん。ちょっと懐かしい「餅まき」や豪華商品が当たる抽選会も行われます。そんな盛りだくさんの山開き……きっと、釈迦岳の麓で過ごしながら今年一年の山行の無事を祈る、素敵な春の一日となることでしょう。

第52回 津江山系釈迦連峰山開き

また、会場内ではイベントとして『きこり体験!』も開催。先着50名(午前10時より会場内にて受付/親子で参加できます。参加希望の方は軍手と長袖・長ズボンをお持ちください)の小学生を対象にした「きこりになって山を守ろう!」という体験プログラムになります。ヘルメットを被って、手には仕事道具のノコギリ、実際の山に入ってお仕事体験してみましょう。きれいな水を与えてくれる山々をどうやって守っていけばよいのか?考えてみるきっかけになることと思います。
楽しみながら山の恵みに感謝するひととき。気持ちの良い一日を過ごしにぜひ『津江山系釈迦連峰山開き』にお越しくださいね!

第52回 津江山系釈迦連峰山開き

開催日時:2019年5月12日 開場/午前9時30分 開始/午前10時
開催場所:大分県日田市前津江町大野64-1(スノーピーク奥日田キャンプフィールド内 椿ドーム周辺)
お問い合わせ:080-8569-9672(山祭会議事務局)
日田ICからの距離:24.4km 車45分(当日はイベント専用ゲート有り)